審査なしの中古車リースはどこ?おすすめはこの2社!短期OKもあり

審査なしの中古車リースはどこ?おすすめはこの2社!短期OKもあり

「中古車なら審査なしで借りられる?」
「中古車リースはどこがおすすめ?」
このように中古車カーリース選びに困っていませんか?

中古車カーリースは新車カーリースよりリーズナブルな価格で利用できることから、リース費用を抑えたい方に人気です。しかしカーリース会社の選び方を間違えると、高いメンテナンス費用が必要になるなど、デメリットも多いと言われています。

そこで本記事では、中古車カーリースの審査やデメリットについて解説し、安全に利用できるサービスを紹介します。

審査なしの中古車リースはどこ?

中古車カーリースは、新車と違い料金がリーズナブルなので、「もしかして審査なしで利用できるのでは?」と淡い期待を抱いている方もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、審査がなしのカーリースは存在します。しかし、一般的な大手カーリースではありません。地域密着型で中古車販売店が、独自に行うサービスとして存在するカーリースなら、個人信用情報をチェックするような信販系の審査はありません。

ただし、そのカーリース会社が安全かどうかは、別の話です。審査なしで貸す場合、リース会社的にもリスクが高いため、状態のいい車は用意できません。

途中で故障してしまったりメンテナンス費用が自己負担だったり、契約自体が曖昧で追加費用をとられるケースも少なくないため、利用する場合は慎重に検討する必要があります。

大手カーリースなら信頼性が高く、充実したサービスが魅力です。審査は必ずありますが、車を買う場合のローン審査よりはスムーズですから、審査を受けて大手を利用した方が安心でしょう。

格安!トヨタも選べる中古車リースおすすめはこの2社

ここからは、安全に利用できる中古車カーリースを2社紹介します。

  • トヨタのサブスクkinto
  • 定額カルモくん

どちらも新車を扱うカーリースで、整備の整った車を用意してくれますので、安全性も高くなっています。

トヨタのサブスク「kinto」

トヨタのサブスク「kinto」は、トヨタ自動車直営の自動車ディーラーであるトヨタモビリティ東京株式会社が運営するカーリースです。KINTO ONEの契約終了などで返却された車両が中心となりますから、状態も良く快適です。

トヨタの正規販売店でメンテナンス済みですから、安全性は抜群。サブスク期間は2年間で、解約フリーなので違約金もかかりません。

申し込みは、WEBで完結OK、契約後は自宅に車が届くのを待つだけです。

頭金・初期費用なし
自賠責保険料込み
選べる車種トヨタ車 レクサス人気車種
契約期間2年
メンテナンス費基本料金に含む
納車車種による
中古車あり
料金例ヤリス:2年49,500円
【KINTOはこちら】

定額カルモくん

1年の短期契約や車がもらえるプランがあるなど、自由度の高い「定額カルモくん」。在庫のある中古車なら、最短4日で納車が可能です。

「急な転勤で車が必要になった」「1年間だけ急いで車が欲しい」など、お急ぎの方にもおすすめ。料金も安めなので、手軽な価格で安心して中古車に乗りたい方に適しています。

全ての車に1年間の故障保証つき、24時間365日ロードサービスに対応。車検も2年つきです。

中古車の取扱台数も多いので、豊富なラインナップから好きな車を選べます。

頭金・ボーナス払いなし
自賠責保険料込み
選べる車種国内全車種
契約期間1年〜10年
メンテナンス費プランによる
納車最短4日
中古車あり
料金例ダイハツムーヴ22,660円〜
【安心、おトクなマイカーリース「マイカー定額カルモくん」はこちら】

中古車リースは一年だけ・短期でも借りられる?デメリット解説

中古カーリースは、リース会社のプランによって短期でも長期でも利用可能です。ただし、kintoのように中古車は2年契約しか選べない場合もあります。

状態のいい中古車を2年で乗り換えることができますが、同じ車に乗り続けたい方にとってはデメリットとなるでしょう。

また、短期で中古車を借りる場合、実は新車の方が安いことも少なくありません。新車なら故障に関する心配も、中古車よりは低めです。また、「車がもらえるプランがある」「豊富な車種から選べる」などメリットも多いため、新車カーリースも含めて比較検討することをおすすめします。

《中古車リースのデメリット》

  • 選べる車種が少ない
  • 契約できるプランが限られる
  • 長期利用は難しい
  • 故障する可能性が新車より高い

中古車リースが向かない人は格安新車カーリースがおすすめ

上述したように、中古車リースにはデメリットがあるため、向いていないと感じる人もいるでしょう。そこで最後に、おすすめの格安新車カーリースを紹介します。

中古車リースと比べても格安ですから、ぜひチェックしてみてください。

リースナブル

画像:リースナブル

月額6,600円から新車に乗れる「リースナブル」は、低価格が魅力のカーリースです。新型の新車ハリアーも月額31,900円(ボーナスなし)〜のお手頃価格。初期費用0円、頭金0円で、国産全車種から新車を選べます。

車検・メンテナンス費用(オプション)も月額に含まれていますから、無駄な出費がかかりません。さらに途中解約OKなので、ライフスタイルが変化しても車を乗り換えることができます。

在庫を多く抱えているので、納車が早いのもメリットです。

頭金・初期費用なし
自賠責保険料込み
選べる車種国産全車種
契約期間3年・5年
メンテナンス費オプションあり
納車車種による
中古車なし
料金例マツダ CX-8:45,980円ハリアーS:31,900円〜
月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル

MOTAカーリース

契約満了時に車がもらえる「MOTA定額マイカー」。車が自分のものになるため、改造やカスタマイズも自由にできます。マイカー感覚で車に乗れることが最大の魅力です。

全国産メーカー、全車種から対象なので好きな車を選択可能。車検や税金・メンテナンス費用などがすべて毎月の料金に含まれています。

通常のカーリースでは禁止となっているペットの同乗や喫煙も、MOTA定額マイカーならOKです。

頭金・ボーナス払いなし
自賠責保険料込み
選べる車種国内全車種
契約期間1年〜11年
メンテナンス費プランによる
納車最短4日
中古車あり
料金例ダイハツムーヴ:月額15,620円トヨタ パッソ:月額18,810円
【MOTA定額マイカーはこちら】

まとめ

本記事では中古車リースについて解説しました。

中古車リースは新車よりリーズナブルな価格で借りられることが魅力です。しかし、リース会社によっては新車の方が安くなることもありますので、慎重に検討しましょう。

また、審査のないリース会社は、車の状態が悪い、保証プランがないなど、サービス面に不安があります。中古車はメンテナンスにお金がかかることも多いため、このようなサービスを安易に利用しないようにしましょう。

中古車は特に大手で整備がきちんと行き届いているリース会社を選ぶ方が安心です。

サブスクカテゴリの最新記事