総量規制オーバーで借りれた口コミ、知恵袋、2chなど。即日銀行は可能?

総量規制オーバーで借りれた口コミ、知恵袋、2chなど。即日銀行は可能?

「総量規制オーバーでもお金を借りたい」このように考える方も多いのではないでしょうか。

法律で、年収の3分の1を超える貸付が禁止されているとはいえ、「抜け道はないかな?」「借りられたという口コミがあるけどなぜ?」などの疑問を抱えている方も少なくないでしょう。

そこで本記事では、総量規制オーバーでも借りられる可能性のある総量規制対象外の借入先や口コミ、利用前に注意したいことを解説します。

総量規制オーバーでも借りれた口コミ

総量規制オーバーでは貸付できない消費者金融ですが、巷では借りられたという口コミもあります。

しかしこれらのほとんどは、総量規制対象外の借入に関する口コミです。

消費者金融は貸金業法を遵守して営業しています。もし利益を優先して総量規制以上の貸付を行うと、最悪、行政処分となります。このような不利益を被ってまで、消費者金融が過剰な貸付を行うことはありません。

下記のような例もありますが、内容をよくみると総量規制を超えていません。

総量規制オーバーでもお金を借りたい!対象外で借りられる可能性があるのは?

総量規制オーバーでもお金を借りたいと思ったとき、利用できるのは「総量規制対象外」のローンです。

まずは、総量規制対象の借入と対象外の借入について、確認してみましょう。

総量規制対象消費者金融、クレジットカードでのキャッシング、信販会社カードローン
総量規制対象外自動車ローン、おまとめローン、銀行ローン、住宅ローン、借り換えローン、教育ローンなど

自動車ローンや住宅ローンは借入金額が大きくなりますので、総量規制対象にすると、ローンで家や車を購入できなくなります。また、複数の借金を一本化するおまとめローンや借り換えローンも、まとまった金額の借入が必要ですから、総量規制対象外です。

総量規制の対象となるのは、「プロミス」やアイフルなどの消費者金融の借入と、「エポスカード」や「楽天カード」などのクレジットカードのキャッシング、「オリコ」などの信販会社のカードローンです。

また個人事業主向けのビジネスローンも対象外です。

総量規制オーバーでも借りれる!おすすめは即日消費者金融

総量規制オーバーでもお金を借りたいと考えたら、消費者金融のおまとめローンがおすすめです。

すでに複数の借入があり年収の3分の1を超えている場合、返済に困っている方も多いのではないでしょうか。この状態で、さらに借入をすると、金利負担や毎月の返済額が増え、さらに生活が苦しくなってしまう可能性があります。

今のうちにおまとめローンを活用して借金を一本化すれば、金利負担を軽減して完済までの計画を立てられるでしょう。もし返済が苦しく、返済日に遅れるようになると、いざおまとめローンを利用したくても、審査に通らなくなります。

そうなる前の早い段階で借金一本化を検討しましょう。

おまとめローンのおすすめは下記の3社です。

中央リテール

「中央リテール」は、平成15年に設立以来、おまとめローン一本で実績をあげてきた消費者金融です。通常、消費者金融は、ローン商品も扱うことが多い傾向にありますが、中央リテールは、おまとめローンのみ。

借金一本化に特化した業者なので、大手など他社で審査に落ちてしまった方への融資実績も豊富です。

金利も年10.95~13.0%と銀行並みの低さ。この金利で一本化できれば、消費者金融などで年18%で借りている人の利息を大幅に軽減できるでしょう。

審査時間は2時間ほど。無担保おまとめローンなら500万円まで、不動産を担保にできるなら3,000万円まで借入可能です。

利用限度額500万円
貸付利率(年率)年10.95~13.0%
返済期間最長10年(120回)
審査時間受付より約2時間
担保・連帯保証人不要

【中央リテールはこちらから】

首都圏キャッシング

「首都圏キャッシング」は、令和カード株式会社が運営する、東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方を対象とした、おまとめローンです。

担保保証人なしで、上限金額2,000万円まで用意されています。WEB申し込みなら来店不要で借入可能。貸金業法に基づくおまとめローンで、年収の1/3を超える借入でも対応してもらえます。

「他社で断られたけど借りられた」という口コミも多いため、審査に自信のない方にもおすすめです。

利用限度額100万円~2000万円
貸付利率(年率)年7.3%~15.0%
返済期間30年以内、360回以内(1ヶ月単位)
担保・連帯保証人不要

首都圏キャッシングサービス

総量規制オーバーでもお金を借りたい!どこかありますか?と思う前にやっておきたいこと

「総量規制オーバーでもお金が借りたい」と思ったとき、すぐに借入先を探すのではなく、まずは、現在の借入先と金額を書き出して、現状を把握しましょう。

というのも、先述したように、総量規制対象外となる借入があるため、もしかしたらオーバーしていない可能性もあるからです。

勘違いで、銀行カードローンの借入分も含めて計算している場合もあります。借入を見直してみると、「総量規制をオーバーしていなかった」というケースも少なくありません。

もしオーバーしていなければ、下記で借入できます。

審査時間上限金額実質年利
アイフル最短20分800万円3.0%~18.0%
SMBCモビット最短30分800万円3.0%~18.0%
プロミス最短20分500万円4.5%~17.8%

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

現在の借入状況を把握することは、おまとめローンでも必要なことです。というのも、おまとめローンの申し込みでは、借入先状況の申告が必要になるからです。

複数の借入があると、どこでいくら借りているか把握できていない方も多いため、必ず確認しておきましょう。

総量規制オーバーでも借りれたに関するよくある質問。銀行カードローン はどう?

最後に総量規制に関するよくある質問をご紹介します。

必ず借りられるおまとめローンはある?

審査がある以上、必ず借りられるおまとめローンはありません。貸金業法で返済能力を超える貸付は禁止されていますので、審査の結果、借りられない可能性もあります。

【関連記事】

絶対通るおまとめローン!ブラックOK、審査通りやすい銀行はどこ?誰でも通るおまとめローンは?

「総量規制オーバーの方へ審査なしで貸します」という融資は信用してもいい?

違法業者の可能性が高いため、利用は控えましょう。審査は法律で義務付けられているため、審査なしで貸付する行為は貸金業法違反となります。

このような業者は、そもそも国や都道府県から許可を得ずに営業している「闇金」の可能性が高いです。法外な利息を請求されたり、トラブルに巻き込まれる恐れがあるため、注意しましょう。

銀行ローンなら総量規制オーバーでも借入できる?

銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外です。

優良顧客なら総量規制をオーバーしても、借入できる可能性があります。しかし、銀行は、過剰貸付を防止するため、年収の3分の1を超える貸付を自主的に制限しています。

対象外とはいえ、スムーズに借りられるわけではありません。

まとめ

総量規制は、消費者の借りすぎを防止し貸倒リスクから貸金業者を守るための法律です。借りる方、貸す方の両方にメリットがあります。

総量規制をオーバーしたら返済が困難になりますので、それ以上借入するのは避けた方がいいでしょう。新規借入を検討するよりも、複数の借金を一本化して返済負担を軽減できる、おまとめローンがおすすめです。

本記事で紹介したおまとめローンなら、総量規制対象外ですから、年収の3分の1を超えても借入ができます。「返済が苦しい」と感じたら、早めにおまとめローンを検討しましょう。

カードローンカテゴリの最新記事