ファクタリング会社とは?やばい?法人向け即日口コミのいいファクタリング会社!違法?みんなのファクタリングなど

ファクタリング会社とは?やばい?法人向け即日口コミのいいファクタリング会社!違法?みんなのファクタリングなど

「法人向けのファクタリングって怪しくないの…?」

「高い利息をつけられないか不安」

このように、ファクタリングの利用に躊躇していませんか。

身近にファクタリングを利用している会社がいないと、実態がわからず申し込むのをためらってしまいますよね。

そこで本記事では、ファクタリングが怪しくない理由と法人向けの優良ファクタリング会社を紹介します。

ファクタリングの仕組みも説明しますので、理解を深めながら、業者選びに活かしてください。ファクタリングについて詳しく知り、自社の経営安定につなげましょう。

ファクタリングとは?図解でわかりやすく解説!法人・個人事業主

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達するサービスです。売掛債権を売却して、手数料を差し引いた額を現金化できます。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという方法があります。以下に図解でわかりやすくまとめましたので、ご覧ください。

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社で契約を締結する方法です。売掛先にファクタリング契約を知られない利点があります。

さらに、売掛先を通さないため、スムーズな現金化が可能です。

手数料が高い点がデメリットですが、オンラインファクタリングを利用すると安く現金化できます。

3社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社、売掛先の3社で取引する方法です。売掛先からの了承が必要なので、時間がかかる傾向にあります。

その分、売掛先もファクタリングに介入するため、未回収リスクを低減できることから手数料が安くなります。

売掛債権担保融資(ABL)とファクタリングの違いとは

売掛債権担保融資(ABL)とは、売掛債権を担保にして金融機関から借入する資金調達方法です。

ファクタリングと売掛債権担保融資の違いを以下の表にまとめました。

ファクタリング売掛債権担保融資
仕組み売掛債権を買い取ってもらう資金調達売掛債権を担保とした融資
審査難易度通過しやすい厳しい
手数料相場2社間:8%~18%
3社間:2%~9%
年利2%~10%
未回収リスク利用者が弁済する必要がない(※)利用者が責任を負う
※償還請求権付きの場合、利用者が責任を負う必要があります。

ファクタリングは、債権を買い取ってもらい現金化することから、売掛債権以上の金額を借りられません

一方の売掛債権担保融資では、売掛債権を担保にして借入するため、売掛金を越えた金額を借りられるメリットがあります。

そのほか、ファクタリングは、基本的に売掛先が倒産した際に弁済する必要がありません

一方で売掛債権担保融資は、売掛先が倒産したときに利用者の弁済が必要です。

法人向けファクタリングやばいは嘘!違法性のない正当な資金調達方法

法人向けファクタリングは、悪徳業者と契約すると高額な手数料を請求される点から「やばい」といわれる場合があります。

しかし、ファクタリングは経済産業省が認める正当な資金調達方法です。実際に経済産業省中小企業庁では、ファクタリングの普及を進めています。

また、ファクタリングは自社の経営状況に関係なく資金調達が可能です。

「売掛先に嘘はないか」の判断が必要であり、銀行の借入よりも審査項目が少なく通過しやすい特徴があります。

さらに、即日現金化できる点もポイントです。早ければ約2時間で現金化してくれるファクタリング会社もあります。

銀行融資が審査に2〜3週間程かかることから、ファクタリングはスピーディーに資金調達できる手段といえます。

即日!法人向け口コミのいいファクタリング会社のおすすめ。みんなのファクタリングなど

違法性ゼロで安心してファクタリングを利用したい方に向けて、法人向けファクタリング会社を5社紹介します。

  • QuQuMo
  • トップ・マネジメント
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • えんナビ
  • エスコム

①QuQuMo

QuQuMoは、オンライン完結でスピード重視のファクタリングサービスです。「人件費が想定以上にかかった」「事業投資にお金がかかる」というときに推奨します。

売掛先を介さない2社間ファクタリングを利用でき、経営状況が悪いと知られる心配もありません。

さらに、国内シェアNo.1の電子契約サービス「クラウドサイン」での契約締結が可能です。違法会社に騙されたくないと思っている方でも、安心して取引できます。

手数料相場1%〜
利用可能額上限なし
即日入金最短2時間
個人事業主
オンライン完結

【QuQuMoはこちら】

②トップ・マネジメント

創業13年の実績をもつトップ・マネジメントは、安定した資金調達ができるファクタリング会社です。

顔の見えるサービスを提供しているため「はじめてファクタリングを利用するから、信頼できる企業に依頼したい」という方に最適です。

利用シーンに応じて、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの使い分けが可能

スピーディーに現金化したいときは2社間ファクタリング、手数料を下げたいときは3社間ファクタリングを利用してみましょう。

手数料相場2社間ファクタリング:3.5%〜12.5%
3社間ファクタリング:0.5%~3.5%
利用可能額30万円〜3億円
即日入金
個人事業主
オンライン完結

【トップ・マネジメントはこちら】

③日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、請求書があれば3時間で資金調達できるファクタリング機関です。

オンラインでの契約により人件費を削減していることから、ファクタリング業界でも格安の手数料1.5%〜を実現しています。

経営革新等支援機関(中小企業支援に関する専門的知識がある者として、国の認定を受けた機関)が提供しているため、ファクタリングに不安を抱いている方でも安心して利用できます。

無料見積もりも可能なので、まずは資金調達額を把握してみてください。

手数料相場1.5%~
利用可能額売掛金の金額範囲内
即日入金最短3時間
個人事業主
オンライン完結

【日本中小企業金融サポート機構はこちら】

④えんナビ

えんナビは、24時間の対応が可能な法人向けファクタリングサービスです。土日や夜でも申込でき、忙しい方に最適です。

50万円〜5千万円まで現金化できるので、状況に応じて幅広く金額を決められます。

そのほか、償還請求権(売掛先から資金を回収できない場合に、利用者に請求できる権利)がないため、売掛先が倒産しても返済の必要はありません。

もしものときに備えられるファクタリング会社です。

手数料相場5%~
利用可能額50万円~5000万円
即日入金
個人事業主
オンライン完結

【えんナビはこちら】

⑤エスコム

エスコムは、創業20年の実績がある法人向けファクタリング会社です。赤字決算や業績悪化の際に活用できます

「初回手数料半額サービス」が特徴的であり、ファクタリングの手数料の高さに懸念を抱いている方に好適です。

事例として、940万円を「手数料6%」「3日」で資金調達できた実績があります。高額な資金調達もすぐに現金化できる優良会社です。

ホームページにて手数料をシミュレーションできるので、利用可能額を計算してみましょう。

手数料相場5~12%
利用可能額30万円~1億円
即日入金
個人事業主不可
オンライン完結

エスコムはこちら

みんなのファクタリング

みんなのファクタリングは最短60分の早さが魅力のファクタリングサービス。

土日祝日も対応で毎日18時まで営業しています。

完全オンラインで対応できるので、全国各地から利用することが可能です。

とにかく今すぐ現金化したい人におすすめのファクタリングサービスです。

【みんなのファクタリングはこちらから】

まとめ

法人向けのファクタリングは、違法性のない正当な資金調達方法です。経済産業省も推奨しており、柔軟な審査が期待できるほか、即日の現金化に対応している点が魅力です。

自社の経営を安定させたい方は、本記事で紹介したファクタリング会社を利用して、スムーズな資金調達を叶えましょう。

ファクタリングカテゴリの最新記事