消費者金融とは?銀行・サラ金との違いをわかりやすく解説

消費者金融とは?銀行・サラ金との違いをわかりやすく解説

「消費者金融はサラ金と同じ?一度でも借りるとやばいの?」
「消費者金融は銀行とどう違う?」
このように、消費者金融について疑問を抱えていませんか。

CMでもおなじみのアイフルやアコムは、大手消費者金融です。消費者金融と聞くと「危ないのではないか」「ヤミ金?」と勘違いされることもありますが、安心してください。

消費者金融は国や都道府県から許可を得て営業する、正規の業者です。闇金ではありません。

本記事では、消費者金融で勘違いされがちな噂やサラ金・銀行との違い、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

消費者金融とは?「一度でも借りると終わり」と勘違いされていること

消費者金融とは、個人に対し信用を担保に融資を行う業者を指します。先述したように、代表的な会社は「アイフル」や「アコム」「SMBCモビット」などです。

消費者金融は貸金業法に則って営業しています。貸金業法とは平成18年に改正された法律で、消費者を多重債務から守り貸金業者の貸倒リスクを軽減するための法律です。

金利や誘致方法、広告の表現や取り立ての禁止行為など細かく規制されているため「借りたら終わり」といわれるものではありません。

《貸金業法のポイント》

  • 総量規制…年収の3分の1を越える貸付はできない。過剰貸付の禁止(消費者の借りすぎ防止になる)
  • 上限金利引き下げ…29.2%から15〜20%まで金利引き下げ(利息負担の軽減)
  • 貸金業者に対する規制…国家資格「貸金業務取扱主任者」保有者を営業所に置くことが必須

このように貸金業法では、消費者の借りすぎを防ぎ、高額な金利を請求されることがないように法律で守られています。

消費者金融は、法律を遵守していますから、危ない目に遭うことはありません。貸金業法が改正する前は、多重債務者が社会問題となっていましたが、法整備されてからは厳しい規制によって、安全に利用できるようになっています。

消費者金融とはやばいのか?銀行・サラ金との違いを解説

現在は安全に利用できるようになった消費者金融には、かつて「サラ金」と呼ばれた時代がありました。サラ金とは、サラリーマン金融の略で、かつて高金利や威圧的な取り立て行為などを行う業者のことです。

サラ金による過剰貸付けによって多重債務者が続出し、自己破産や自殺者が増えたことをうけ、上述した「貸金業法」が改正され、現在に至ります。

先ほどもお伝えしましたが、法改正された現在の消費者金融は、かつてのサラ金とは違います。消費者に利便性が高く、安心して使えるサービスです。

しかしかつてのサラ金のイメージが消えない人も少なくないため、今でも「消費者金融=危ない」といわれることがあります。

消費者金融とヤミ金の違い

消費者金融は、ヤミ金と勘違いされることもあります。ヤミ金とは、国や都道府県に許可を得ずに営業する違法業者です。当然法律を遵守していないため、利用すると高金利、怖い取り立てなどのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

立派なHPがあるなど、最近では一見ヤミ金とはわからない業者もいますので、注意が必要です。

消費者金融と銀行の違い

消費者金融と銀行ローンの大きな違いは、金利と審査スピードです。銀行ローンは低金利が魅力ですが、審査に時間がかかります。

銀行ローンの審査時間がかかる理由は、反社会勢力の資金源とならないよう申込人の情報を警視庁のデータと照らし合わせる時間が必要になるからです。

一方で、消費者金融は金利が高めですが、即日融資が可能です。

また銀行は低金利なので、審査も慎重に行われます。消費者金融に比べると厳しめですから、利便性は高くありません。

消費者金融で借りるメリットとは?

消費者金融で借りる最大のメリットは「融資スピードが早いこと」です。消費者金融は、利便性を重視しているため、審査スピードが最短20分と早く、即日融資が可能です。

審査スピードが早い理由は、金利を高めにして貸倒リスクに備えているからです。銀行のように警視庁のデータを閲覧する時間もありませんから、早く融資できるのです。

「多少金利が高くても今日中にお金を借りたい」という方に向いています。

他にも下記のようなメリットがあります。

  • 在籍確認の電話を回避できる
  • カードレスでスマホから借入できる
  • 銀行口座の開設が必要ない
  • 無利息サービスがある

消費者金融の「アイフル」は、WEB完結なら在籍確認の電話がありません。銀行では必ず電話で確認しますから、職場へ電話がないのは大きなメリットです。

また、カードレスを選択できるため、カードの郵送を待たずに借入可能です。財布のカードから消費者金融の借入がバレることもありません。

さらに銀行ローンのように銀行口座を新たに作る必要もないため、面倒な申込作業を回避できます。

消費者金融によっては、初回申込に限り30日間無料サービスを提供していますから、短期の借入であれば金利がかからない点も魅力です。

消費者金融は金利が高い?借りるデメリットとは?

消費者金融で借りるデメリットは、銀行よりも金利が高めなことです。金利が高いといっても、利息制限法の範囲内、年18%となっています。利息制限法の上限20%よりは低めです。

他にも下記のようなデメリットがあります。

  • 利便性が高く借りすぎてしまう
  • 心象が悪い
  • 返済に遅れると信用情報に傷がつく

消費者金融カードローンは、上限枠まで何度も借入ができるため、借りすぎてしまうことがデメリットです。消費者金融に限らずお金を借りる際は、計画的に利用しなければ、返済できなくなります。

返済が滞ると「個人信用情報機関」に記録され、新規のローンに通らなくなるなどのペナルティがあるため注意が必要です。

また先述したように「消費者金融=サラ金」のイメージがあることから、借りていることがバレると心象が悪いこともデメリットになります。

安全に借りられるおすすめの消費者金融とは?一覧で紹介

ここまで消費者金融について解説してきましたが、国や都道府県の許可を得て貸金業を営む正規の業者であれば、安全に利用できます。

下記では、CMなどで見かける大手消費者金融やおすすめの中小消費者金融をまとめました。これから借入を検討されている方は参考にしてください。

金利融資上限額即日対応
アイフル3.00%~18.00%最大800万円可能
アコム3.00%~18.00%最大800万円可能
プロミス4.5%~17.8%最大500万円可能
SMBCモビット3.00%~18.00%最大800万円可能
フクホー 年7.30%~18.00%最大200万円可能
セントラル 100万円未満:4.80%~18.00%
100万円以上:4.80%~15.00%
最大300万円可能
アロー 年15.00%~19.94%最大200万円可能
いつも 年4.8%~18.00%最大500万円可能
アルク 年10.00%~18.00%最大50万円
・家電ローン最大100万円
・教育ローン最大200万円
・事業資金最大500万円
アルコシステム 年15.00%~20.00%最大50万円可能
ハローハッピー 年10.00%~18.00%最大100万円可能
フタバ 1~10万円未満4.959%~19.945%
10~50万円  14.959%~17.950%
最大50万円

大手消費者金融とは?おすすめはこの3社

大手消費者金融を選ぶなら下記の3社がおすすめです。それぞれの特徴を解説していきます。

アコム:初めての借入ならここ

三菱UFJフィナンシャル・グループである「アコム」は、CMや電車内の広告で目にしたことがある方も多いでしょう。知名度が高く、銀行傘下のサービスなので安心感があります。

アコムの特徴は、初めての借入を歓迎していることです。審査通過率が高く、初回に限り30日間金利無料サービスを提供。アプリの利便性が高く、申し込みから融資までWEB完結できます。

さらに、審査時間はわずか20分。土日祝日も対応しているためお急ぎの方にも安心です。

実質年利3.0%~18.0% 
借り入れ限度額800万円
融資までの期間最短20分
WEB完結可能

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムはこちらから

アイフル:30日間無金利・WEB完結で原則電話がない

大手消費者金融の中でも特に利便性に優れているのが「アイフル」です。アイフルは、WEB完結なら電話連絡なし。通常電話で行われる在籍確認の電話を省略できます。

さらにアプリからの借入に対応しているため、カードレスもOK。郵送物もないため誰にもバレずにお金を借りられます。

審査時間は最短20分(WEB申込の場合)、即日融資も可能です。初回借入では30日間金利無料サービスも利用できます。

アルバイトやパートでも安定した収入があれば申し込みできる点も魅力です。

実質年利3.0%~18.0% 
借り入れ限度額800万円
融資までの期間最短即日融資(※) WEB申込なら最短20分
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフルはこちらから

SMBCモビット:WEB完結なら電話連絡なし

モビット

「SMBCモビット」は、審査スピードがはやくカードレスで借入ができる人気の大手消費者金融カードローンです。審査時間は最短30分、即日融資も可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEB完結なら電話連絡、郵送物なし。最短10秒で借りられるかどうかわかる「10秒簡易審査」も人気。個人情報の入力なしで、審査に通るかの判断ができます。

SMBCモビットの特徴、返済ごとにTポイントが貯まるサービスも好評です。貯まったポイントは返済に回せます。

実質年利3.0%~18.0% 
借り入れ限度額800万円
融資までの期間最短即日融資(※)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

はじめてのローンはSMBCモビットへ!

中小消費者金融とは?おすすめ3社紹介

中小消費者金融は独自の審査基準を設けることが特徴です。大手消費者金融は、機械的な審査を行うため、属性が低い人や過去に延滞や滞納があり信用情報に傷がついている人は、瞬時に審査落ちと判断されます。

しかし中小消費者金融は、審査に融通がきくため、大手に落ちてしまった方でも審査に通過する可能性があるのです。

ここからは、おすすめの中小消費者金融をご紹介します。

セントラル:審査に融通がきく!

創業50年の「セントラル」は、東京・横浜など関東圏を中心に店舗拡大中の人気消費者金融です。中小消費者金融では珍しく「カードローン」を提供しています。

セントラル発行のCカードは、全国のセブン銀行で利用可能。借入も返済も手間がかかりません。しかも、平日14時までに申し込めば即日融資OK。

審査スピードも早く、関東圏に方なら自動契約機でカードを発行できます。

実質年利100万円未満:4.80%~18.00% 100万〜300万円:4.80%~18.00% 
借り入れ限度額300万円
融資までの期間最短当日中
WEB完結可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セントラルはこちらから


いつも

株式会社K・ライズホールディングスが運営する「いつも」は、高知を拠点にする消費者金融です。大手に落ちた方や審査に自信がない方も、現在の状況を考慮して審査してくれます。

しかも無利息期間が最長60日用意されていますから、金利負担も軽減できるでしょう。審査時間は最短45分。即日融資にも対応しています。

女性の場合、希望すれば女性スタッフが対応してもらえるのも安心感があります。

任意整理・債務整理・自己破産後の融資実績も豊富です。

商品名いつも
融資額1万円~500万円
貸付利率4.8%~18.0% (実質年率)
遅延利率20.00%(実質年率)
期間・回数2ヶ月~5年
担保・保証人原則不要
【全国対応】即日キャッシングの[いつも]※来店不要※

株式会社アロー

「キャッシングアロー」は、愛知県の中堅消費者金融です。WEB申し込み可能なので、全国に対応しています。某掲示板でも、「他社に落ちたのに借りられた」「アローの審査は通った」と口コミ評判が高く、一部では神金融と呼ばれています。

融資は振り込みで行われるため、原則来店不要。担保保証人も必要ありません。郵送物もないため、家族に借金がバレる心配もないでしょう。

初回借入額は低めですが、上手に付き合えば困った際に頼りになる存在です。

商品名使途自由フリーローン
融資額200万円まで
貸付利率15.00%~19.94%(実質年率)
返済方式・期間・回数残高スライドリボルビング 契約日より5年60回
元利均等返済(2~180回 最長15年以内)※相談の上、返済回数を設定
登録番号登録番号:愛知県知事(4)第04195号日本貸金業協会会員 第005786号
申し込み資格(全てを満たしていないと審査に通りません)・年齢24歳以上及び66歳以下・貸金業者からの借入れが年収の3分の1を超えていない方・健康保険加入者・勤続1年以上(11カ月以下不可)・安定した収入のある方・他社の延滞がない方・自営業の場合確定申告等年収証明が提出できること
アロー 過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

まとめ

本記事では、消費者金融について解説しました。消費者金融は貸金業法を守る安全な業者です。ヤミ金やサラ金とは違いますので、安心して利用しましょう。

ただし、借りすぎたり返済に遅れたりすると、信用がなくなるなどのデメリットがありますので注意してください。

借入は計画的に行いましょう。本記事を参考に、あなたにぴったりの借入先を見つけてみてください。

金融カテゴリの最新記事