激安中古車リースおすすめの3社!ボーナス払いなし、均等払い・トヨタあり・軽自動車のカーリースなど

  • 2024.01.17
激安中古車リースおすすめの3社!ボーナス払いなし、均等払い・トヨタあり・軽自動車のカーリースなど

中古カーリースを検討中で「激安のカーリースはどこがおすすめ?」「デメリットだらけって本当?」「ボーナス払いってどう?」などの疑問を抱えていませんか?

中古カーリースは一見安くお得に感じますが、中古だけに注意すべきデメリットがあります。考え方によっては新車カーリースの方が安全で安い場合もありますので、慎重に検討したいところです。

そこで本記事では、激安中古カーリースのおすすめ3社を紹介し、デメリットやボーナス払いの注意点などを解説していきます。

激安中古車リースおすすめの3社!トヨタあり・ボーナス払いなし・均等払い・軽自動車など

まずはおすすめの中古カーリースをご紹介します。

MOTAカーリース:ボーナス払いなし・均等払い

契約満了時に車がもらえる新車カーリースが人気の「MOTA定額マイカー」。中古車の場合は、全車2年間保証付。年式5年以内の修復歴なし、高品質車のみ提供されます。プレミアムメンテナンスプランへの加入で、リース全期間保証されます。

掲載台数は2022年10月時点で2429件超。契約から納車まで最短3週間とスピーディーなのも魅力です。

中古カーリースでも自動車税、重量税、自賠責保険料は、月額料金にコミコミ。走行距離無制限なので、マイカー感覚で乗れます。

頭金・ボーナス払いなし
自賠責保険料込み
選べる車種国内全車種
契約期間1年〜11年
メンテナンス費プランによる
納車最短4日
中古車あり
料金例ダイハツムーヴ:月額15,620円
トヨタ パッソ:月額18,810円
【MOTAカーリースはこちらから】

トヨタのサブスク「kinto」

「kinto」はトヨタ車とレクサスを選べる人気のカーリースです。トヨタ自動車直営の自動車ディーラーであるトヨタモビリティ東京株式会社が運営しています。

「kinto」は新車が人気ですが、実は中古車も取り扱っています。kintoの中古車はKINTO ONEの契約終了などで返却された車両が中心。状態も良く、安全性は抜群です。トヨタの正規販売店でメンテナンス済みなので安心して乗れます。

申し込みから納車まで全てWEB完結する手軽さも、おすすめの理由です。

頭金・初期費用なし
自賠責保険料込み
選べる車種トヨタ車 レクサス人気車種
契約期間2年
メンテナンス費基本料金に含む
納車車種による
中古車あり
料金例ヤリス:2年49,500円
【KINTOはこちらから】

定額カルモくん:軽自動車あり

激安中古カーリースといえば「定額カルモくん」は外せません。料金が安いだけではなく、納車スピードが早いのも魅力。全ての車に1年間の故障保証つき、24時間365日ロードサービスに対応していますので、安心して乗れます。

中古車リースにも車検が2年ついています。中古車の取り扱い台数も多く、国産全メーカーが揃っています。豊富なラインナップから好きな車が選べるところも魅力的。

頭金・ボーナス払いなし
自賠責保険料込み
選べる車種国内全車種
契約期間1年〜10年
メンテナンス費プランによる
納車最短4日
中古車あり
料金例ダイハツムーヴ22,660円〜
安心、おトクなマイカーリース「マイカー定額カルモ」

中古カーリースはデメリットだらけなのか?注意点を解説

中古カーリースの口コミでは「デメリットだらけ」「やめた方がいい」という声もあるため、不安に感じている方もいるでしょう。

中古カーリースにデメリットがあるのは事実です。契約後、「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、注意点をしっかり理解して選択しましょう。

下記では中古カーリースで知っておきたいデメリット・注意点を紹介します。

①選べる車種が少ない

中古カーリースは新車カーリースと比較して、選べる車種が少ないことがデメリットです。

新車なら好きな車を発注できるため、国産全車種から選択可能です。

しかし中古の場合は、そのリース会社に在庫として持っているものから選ぶことになります。

リース会社によっては、車種が少なく好きな車を選べないこともあるでしょう。人気車はすぐに成約となるため、ネットで見た車が利用できないケースも多くみられます。

リースとはいえ、気に入った車に乗りたいと考える方は、なかなか希望の車種が見つからず悩むことも少なくありません。

②メンテナンス費用が思っているよりかかる

車の部品は消耗品も多いため、中古車の場合、新車と比較しても故障のリスクが高くなります。しっかりメンテナンスしている車でも、不具合が出ることは珍しくありません。

中古車カーリースで月額料金を安く抑えても、思わぬ故障でメンテナンス費用がかかる恐れもあるでしょう。

中古車カーリースを選択するときは、料金だけではなくメンテナンス料金が月額費用の含められるような契約や、保証が手厚いカーリースを選ぶようにしましょう。

③事故を起こすと違約金や修理費用が発生する

もし中古車リース契約中に事故を起こすと、修理費用が必要になるケースもあります。修理をすれば走行可能な場合は、契約解除になりませんが、修理費用が自己負担となることも珍しくありません。

カーリースの場合、車を返却する必要があるため、修理は必ず必要です。また、全損で走行不可の場合は強制解約となり、途中解約の違約金が発生する恐れもあります。

リース会社によっては原状回復費用補償や途中解約OKのカーリースもあるため、契約内容などをしっかり確認して選びましょう。修理費用などをカバーできる、任意保険には必ず加入しておくことをおすすめします。

中古カーリースのボーナス払いはやめた方がいい理由

中古車カーリースの月額料金をさらに安く抑えるために、ボーナス払いを検討している方もいるでしょう。しかし、ボーナスは必ず支払われるものではないため、あてにすると危険です。

年2回のボーナスが減額されたり、支払われなかったりすると、ボーナス月の返済が困難になるでしょう。最近では、新型コロナウィルスの影響で業績が悪化し、失業や減給、ボーナスカットになった企業も少なくありません。

住宅ローンやカーローンなどボーナス時の支払いを多く設定している人が、「払えない」と困っている声もネット上に多く上がっています。

ボーナス払いではなく、毎月生活に支障のない程度の金額でカーリースを契約することが大切です。また万が一のため、途中解約に違約金がかからないカーリースも検討して見ましょう。

中古車カーリースより新車カーリースの方が安いこともある

上述したように、中古車カーリースにはさまざまなリスクがあるため、考え方によっては新車カーリースの方がお得な場合もあります。

例えば、「MOTA定額マイカー」なら、新車に乗れてボーナス払いなしでも格安料金です。さらに、契約満了時に車がもらえるため、走行距離なども心配ありません。カスタマイズも自由にできるため、おすすめです。

他にも、トヨタ車・レクサスを選べる「kinto」は、中古車よりも新車の長期契約の方が、月額料金は安めです。選べる車種も多く、解約金がかからない「解約フリープラン」などもあるため、ライフスタイルの変化に合わせてリース契約を解約できます。

新車リースなら任意保険もコミコミですから、中古車リースで別途任意保険に入るよりも車種によっては安い場合があります。

【KINTO】愛車サブスクリプション

中古車のように不具合や故障するリスクは低いですし、安心して乗れるのも新車のメリットです。

おすすめの激安新車カーリースはこの3社

もし中古車ではなく、新車カーリースも検討したいと考える方は、下記の3社もチェックしてみてください。

リースナブル

画像:リースナブル

「リースナブル」は、月額6,600円から新車に乗れる、低価格が魅力のカーリースです。車検・メンテナンス費用(オプション)も月額に含まれ、初期費用0円、頭金0円で、国産全車種から新車を選べます。

人気のファミリーカー「NISSANセレナ」は、ボーナス加算なし39,500円〜。新車ハリアーも月額31,900円(ボーナスなし)〜とリーズナブル。

さらに、在庫を多く抱えているので、納車が早いのも魅力。季節ごとにセールも開催されていますので、マメにチェックすると掘り出し物が見つかります。途中解約OKな点もメリットです。

頭金・初期費用なし
自賠責保険料込み
選べる車種国産全車種
契約期間3年・5年
メンテナンス費オプションあり
納車車種による
中古車なし
料金例マツダ CX-8:45,980円ハリアーS:31,900円〜
月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル

SOMPOで乗ーる

ベンツやBMWなど、外車も選べるカーリースの「SOMPOで乗ーる」。3年からの短期契約が可能で、月額1万円から新車に乗れます。

メンテナンスフルプランを選べば、消耗品などにかかる突発的な出費も月額料金にコミコミ。定額で利用できるため、安心です。途中で「返せーる」&最後に「貰えーる」プランなら、途中解約や契約満了時に車がもらえるなど条件を選べます。

選べる車種も多いためおすすめです。

頭金・初期費用なし
自賠責保険料込み
選べる車種国内全車種 外車もOK
契約期間3年 5年 7年
メンテナンス費プランによる
納車最短10日
中古車なし
車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】

ニコノリ

画像:ニコノリ

新車に月額5,500円〜乗れると評判のカーリース「ニコノリ」。先述したようにボーナス払いはおすすめしませんが、もしボーナス払いを選びたいと考えるならニコノリが格安なのでおすすめ。そもそもの料金が安いため、負担が少なくすみます。

即納できる車種も豊富なので、急いでいる人にも最適。WEB完結可能で手間がかかりません。メンテナンスパックも用意されていますから、修理費用などの負担も心配ないでしょう。

頭金・ボーナス払い頭金なし ボーナス払いあり
自賠責保険料込み
選べる車種国内全車種 外車もOK
契約期間1年〜9年
メンテナンス費プランによる
納車最短10日
中古車あり
ニコノリはこちらから

まとめ

中古車カーリースは一見安く見えますが、故障・修理のリスクが高く、契約内容も保証期間が短いなどのデメリットがあります。

一方で新車カーリースなら、故障のリスクが低く、長期保証や車検費用の負担がないなど契約内容も充実しています。結果的に新車カーリースの方がお得になるケースも多いため、料金だけではなく総合的に自分にはどのカーリースがあっているのか慎重に検討してみましょう。

カテゴリの最新記事