アイフルやばいの真相はこれ!借金取りが家に来る・取り立て事件・借金地獄の口コミ解説

アイフルやばいの真相はこれ!借金取りが家に来る・取り立て事件・借金地獄の口コミ解説

「アイフルで借りたら借金取りが家にくる」

アイフルにはこのような口コミが見られることがあるため、不安に思う方もいるでしょう。しかし、安心してください。アイフルは家に取り立てに来ることはありません。消費者を守る厳しい法律を遵守して営業しているため、安全に利用できる業者です。

ではなぜこのような誤った口コミが広がっているのでしょうか。その真相を本記事で解説します。また、利用者の悪い&良い口コミも紹介していますので、参考にどうぞ。

アイフルの詳細はこちらから

アイフルやばいは勘違い!「借金取りが家に来る」があり得ない理由

冒頭でもお伝えしたとおり、アイフルがやばいというのは勘違いです。特に「借金取りが家に来る」「怖い取り立てがある」というのは、あり得ません。

その理由は、貸金業法21条「取立て行為の規制」によって、以下のように細かくルールが定められているからです。

  • 暴力的な言葉を使って脅す
  • 大声をあげる、多人数で借主の自宅や勤務先を訪問する
  • 21時以降、翌朝8時までは電話督促や訪問禁止
  • 借主が返済意思があるにもかかわらず取立て行為をする
  • 勤務先や通勤中の待ち伏せなどで取立てすること
  • 借主・保証人以外の第3者に返済を迫る
  • 借金して返せなど借入を要求する
  • 借主から退去して欲しいと言われたら直ちに退去する
  • 借入を第3者に明かしてはならない
    (ビラをばら撒く・張り紙などの行為禁止)

このように、まず脅しや正当な理由のない訪問はNGです。違反すると行政処分と刑事罰が科せられます。もし貸金業者の取り立て行為で「怖い目にあった」「暴力的だった」などの被害を被った場合は、日本貸金業協会や金融庁に相談しましょう。

ちなみに、アイフルの場合、大手なので返済に遅れても対応は銀行やクレジットカード会社と同じです。ハガキやメール、電話での督促がメインで、自宅を訪問することはありません。

アイフルがやばいといわれるのはなぜ?借りるとどうなる?

上述したように、アイフルは貸金業法を遵守する会社です。それにもかかわらず「やばい」と言われるのは、消費者金融のイメージが影響しています。

消費者金融は現在のように法整備されるまでは、上限金利が今より高く、強引な貸付と取り立て行為が問題になっていました。当時は消費者金融だけではなく、銀行やクレジットカードも過剰貸付が行われ、自己破産者や経済的困窮に陥った人が増加。自殺者が急増するなど、社会問題となった時代があったのです。

この時代を知っている人は、「消費者金融=やばい」という印象が強く、「アイフルなんてやめておけ」という発言につながるのです。

しかし2010年6月に貸金業法が改正され、消費者が安全に利用できるような環境が整っています。貸金業法は消費者を守るための法律ですから、ルールに沿って運営しているアイフルは、安心して利用できる会社です。

というわけで、結論、アイフルで借りても怖い目に遭うことも不利益を被ることもありません。

クレジットカードのキャッシングや銀行カードローンと同じように、安心して利用できます。

アイフルの詳細はこちらから

アイフルやばいは利用者次第!借金地獄に陥る人の特徴

アイフルは便利なサービスですが、利用の仕方によっては借金地獄に陥ることも。

以下のような特徴があれば、銀行カードローンやクレジットカードでも返済できなくなる恐れがあるので、注意しましょう。

  • ギャンブルや浪費癖がある
  • 身の丈に合わないものでも欲しいと思ったら我慢できない
  • 金利に興味がない
  • 借金している感覚がない
  • クレジットカードはリボ払いがメイン

カードローンは、無理のない返済プランで借りることが大切です。しかし、見栄や付き合いから断れなかったり、身の丈に合わない高価なものや場所を好んだりする人は、浪費を重ねてしまいます。

また、ギャンブルや買い物が好きで衝動を抑えられない人や、借金している感覚がなく上限額まですぐに借りてしまうような人も、あっという間に借入額が増えてしまうでしょう。

このような特徴のある人は、金利を細かく計算しないため、「とりあえず払っていれば借金はなくなる」といった感覚を持っています。カードローンの金利は少額だと大きくないため、最初はさほど問題ありませんが、借入額が増えるほど返済が苦しくなるでしょう。

気づいた時には多重債務に陥り、債務整理を考えることになるのです。これはアイフルが悪いのではありません。利用者に問題があります。

アイフルやばい!利用者の悪い口コミ「審査落ちた」

アイフルを利用するにあたって、どのようなデメリットがあるのか悪い口コミから推測していきましょう。

審査に落ちた

アイフルの口コミでは、「審査に落ちた」という声も目立ちました。

アイフルは銀行ローンと比べると、比較的通りやすいカードローンです。しかし誰でも通過するわけではありません。アイフルの審査基準をクリアしなければ、審査に落ちてしまいます。

金利が高い

アイフルの金利は年18%です。消費者金融の金利は年18%〜20%なので、一般的な範囲といえます。しかし、低金利の銀行と比べると、高く感じてしまうでしょう。

アイフルなど消費者金融の金利が高いのは、審査スピードを優先し、利便性を重視しているためです。銀行のように慎重な審査を行わず、最短18分などの審査で融資するため、万が一貸し倒れてもカバーできるように金利を高めに設定しています。

とはいえ、30万円以下の少額融資なら銀行との利息の差は大きくありません。

《30万円借りた場合》

借入先金利返済期間毎月の返済額利息合計
アイフル 18.0%36ヶ月11,000円88,508円
みずほ銀行カードローン14.00%36ヶ月10,611円71,381円
バンクイック14.6 %36ヶ月10,340円72,256円

銀行は即日融資に対応せず、審査も厳しいため、借りられない人にとってアイフルを選ぶ価値は大いにあるでしょう。

返済に遅れると信用情報が悪くなる

アイフルに限らず、金融機関や消費者金融からお金を借りると、その事実が信用情報に記録されます。

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの使用状況、返済履歴を記録するものです。新規申し込みをした場合、この信用情報をチェックして「返済能力があるか」を判断します。

長期で返済に遅れたり、債務整理したりすると、信用情報には「金融事故」として記録されます。そのため「この人は過去、返済の遅れたことがある」「返済できなくなって債務整理をした」などが、業者にわかってしまうのです。

金融事故を起こすといわゆる「信用情報に傷のある状態」となり、信用が落ちてしまいます。これではどこの審査も通過できなくなるため、アイフルを利用する際に注意したいデメリットの1つです。

ただこれはアイフルの問題ではなく、利用者次第です。返済に遅れなければ問題ありませんので、無理のないプランで借りましょう。

アイフルやばい!利用者の良い口コミからわかるメリット

アイフルはデメリットばかりではありません。ここからは良い口コミからわかるメリットも紹介します。

  • 審査スピードがはやい
  • 銀行より通りやすい
  • 来店不要でWEB完結
  • 30日間無利息サービスがある

審査スピードがはやい

アイフルは、最短18分審査(※)が魅力です。少ない項目を入力して借りられるかわかる簡易審査なら1秒で結果がわかります。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

土日祝日も関係なく21時まで審査対応し、即日融資も可能なので、お急ぎの方にぴったりのサービスです。銀行は即日融資不可で審査に時間がかかるため、「急にお金が必要」「今日中に借りたい」という場合は、アイフルのような消費者金融が重宝されています。

銀行より通りやすい

悪い口コミでも解説したように、アイフルは銀行より通りやすい点もメリットです。

そもそも低金利の銀行は、貸倒リスクの備えができませんから、慎重な審査を行うことでカバーしています。返済できなくなる可能性が少しでもあれば、貸付しません。

一方、アイフルはスピード重視で審査するので、銀行よりは間口が広いです。銀行では通過できない方でも、融資してもらえる可能性があります。

アイフルの詳細はこちらから

来店不要でWEB完結

アイフルの契約は、申し込みから全てアプリやWEB完結で可能です。来店する必要がなく、カードレス選べば郵送物もありません。

契約後は振り込みでの借入も可能ですから、自宅を一歩も出ずに借入できるところもメリットです。「引き落としがあるけど口座にお金がない」という場合でも、アプリで申し込んで口座へ振り込み入金すれば、ピンチを回避できるでしょう。

初めての借入で30日間無利息サービスがある

アイフルは初回借入に限り、30日間無利息サービスがあります。

契約日の翌日から30日間は、利息がかからないため上手に活用すればお得です。銀行カードローンには、ないサービスなので、ぜひ活用したいものです。

短期間で返済すれば、その分利息0円で借りられます。

まとめ

本記事で解説したように、アイフルはやばい会社ではありません。昔の消費者金融のイメージの悪さが「アイフルやばい」といわれる原因です。

改正された貸金業法は、消費者が安全に利用できるよう整備した法律です。それを遵守するアイフルは、安心して利用できる会社といえます。

ただ、利用の仕方によっては便利すぎて借りすぎる恐れもあるため注意が必要です。無理なく返済できる計画を立てて、利用しましょう。

アイフルの詳細はこちらから

【関連記事】アイフルの審査は甘い?厳しい?審査基準と落ちる理由・在籍確認を避ける方法など

カードローンカテゴリの最新記事