アコムの審査は甘い?審査に落ちる理由と口コミ。審査時間・必要書類など

アコムの審査は甘い?審査に落ちる理由と口コミ。審査時間・必要書類など

「アコムは審査が甘い?」

「仮審査に通れば、大丈夫ってほんと?」

このように、アコムの審査について気になっている人もいるのでは?

結論からお伝えすると、アコムは貸金業法を遵守して審査を行うため甘くはありません。

もし、アコムの審査に自信がなければ、柔軟審査のプロミスや低金利でスピード審査のセブン銀行カードローン ががおすすめ。

審査に通過するにはいくつかコツがありますので、事前に確認しておくと安心でしょう。

そこで本記事では、アコムの審査通過率や基準、落ちる人の特徴、通過するポイントなどを解説していきます。

アコムの詳細はこちらから

アコムの審査は甘い?仮審査に通れば大丈夫って本当?

冒頭でもお伝えしたとおり、アコムの審査は甘くはありません。しかし仮審査に通ればほぼ大丈夫という噂は、本当です。

仮審査と呼ばれる与信審査では、利用者の属性や信用情報が点数化され、基準を満たしているかどうか評価するスコアリング審査を採用しています。その理由は、人の目では審査担当者によって審査の基準やスピードに差異が生まれてしまうためです。

そこでコンピューターでマニュアル化し、機械的に評価する方法が取られているのです。アコムのような大手消費者金融や、銀行、クレジットカードの審査で活用されています。

ちなみにアコムは「仮審査」という段階を設けているわけではありません。申し込みして機械的な審査が行われると、書類提出して契約となります。

申し込み後アコムから「ご申告いただいた内容で審査した結果、お手続きを進めることができます。」などのメールが来れば、仮審査に通過しています。

申し込みから数分でこのような結果メールが届くため、実際は仮審査・本審査と厳密に別れてはいません。

仮審査に通れば大丈夫と言われる理由

上述したように仮審査では、個人の年収や勤務先などの属性や信用情報の審査が行われます。

《仮審査でチェックされる内容》

  • 申し込み条件を満たしているか
  • 安定した収入があるか
  • 雇用形態、勤務先、勤続年数に問題はないか
  • 信用情報に傷がないか

上記の項目をクリアして仮審査に通れば、返済能力や条件を満たしていることになります。

この時点で審査が8割ほど完了している状態ですから、仮審査に通れば本審査に通過するといわれています。

本審査でチェックされる内容

本審査では、申込内容は虚偽出ないことを裏付ける書類提出と在籍確認が行われます。書類といっても、免許証などの本人確認書類と場合によっては収入証明などです。

《本審査でチェックされる項目》

  • 申し込み内容に虚偽や誤りはないか
  • 本人確認書類の確認
  • 必要に応じて収入証明の確認
  • 勤務先の在籍確認

収入証明も特別な書類は必要なく直近の給与明細でOKという場合もありますから、ほとんどの人が提出できるはず。また、在籍確認も会社にかかってくる電話に応対するだけですから、難しいものではありません。

仮審査に通って本審査に落ちる場合もある

仮審査に通れば大丈夫といわれるアコムの審査ですが、100%通るわけではありません。落ちる人もいます。

本審査で落ちる原因は主に下記のようなものです。

  • 提出書類に不備があった
  • 虚偽の申告が見つかった
  • 在籍確認が取れない

本審査では申告内容の裏付けが行われますので、提出書類に不備があると審査がストップしてしまいます。よくあるケースが、免許証や保険証と申告した住所が異なることです。住所変更手続きを行っていない場合は、別途書類が必要となります。

また、虚偽の申告が見つかった場合も審査に通りません。年収や勤務先を偽ったり、他人になりすましたりしても、すぐにバレてしまいます。

さらに、在籍確認が取れなかった場合も審査落ちします。最近はプライバシーを保護するため、会社名などを名乗らない個人の質問などには対応しない企業も増えてきました、

アコムの在籍確認の電話は個人名を名乗るため、在籍確認が取れないケースも考えられます。

ただこのような場合、即審査落ちになるのではなく、社名が確認できる書類提出や会社のHPの確認などで代用できることも多くありますので、アコムへ相談してみましょう。

アコムの詳細はこちらから

アコムの審査は甘いのか口コミ検証。知恵袋など

アコムの審査について、さまざまな口コミが寄せられています。

 このように、審査が甘いと感じる人もいれば、厳しいという人もいるでしょう。

口コミで理解しておきたいのは、審査に通れば「甘い」という判断になり、落ちると「厳しい」といったネガティブな意見になるということです。

カードローンの審査は、利用者の属性や状況によって異なります。

口コミ評価はあくまでも個人の感想であり、アコムの審査難易度をジャッジできるようなものではありません。

プロミスがおすすめという意見もあります。

プロミスです。
プロミス45万
モビット10万
アイフル審査落ちでした。

引用:Yahoo!知恵袋

プロミスはこちらから

アコムの審査は甘いと言われているのに審査に落ちる理由とは?

アコムは大手消費者金融の中でも、新規顧客の獲得数が多く審査通過率が高いことで知られています。

とはいえ、全ての方が審査に通過するわけではないため、審査に落ちる人の特徴から当てはまるものがないか確認しておきましょう。

年収が低いなど属性に問題がある

年収が低い、勤続年数が身近など、属性に問題がある人は審査に落ちやすくなります。

転職や就職したばかりで勤続年数が1年未満という方は、収入が不安定と判断されやすい属性です。また、年収が低いと「生活するだけで精一杯となり返済が滞るのでは?」と不安視されてしまうでしょう。

しかし、年収が低い、勤続年数が短いだけでは審査に落ちるとは限りません。その他の項目を総合的にみて、返済能力があるかどうか審査されます。

他社の借入件数・借入額が多い

他社の借入状況も審査に大きく影響します。

他社の借入件数が多ければ「多重債務者になるかも」「無計画に借金している?」など、印象がよくありません。また、借入額が多い場合も「貸倒リスクが高い」と思われてしまうでしょう。

借入金額が大きいと法律によって貸付ができないこともあるため、注意しておきたいところ。

消費者金融では、総量規制という法律で年収の3分の1以上の貸付が禁止されています。

例えば年収300万円の人は、100万円までしか借りられません。該当するのは、クレジットカードのキャッシングとアコム以外の消費者金融の借入です。

このように他社で借入があると、アコムで借りられる金額も限られてしまうため、申し込み金額に注意しましょう。

信用情報に傷がある

審査基準の項目でも解説しましたが、信用情報に傷があると審査落ちしてしまいます。しかも、アコムのような大手消費者金融は申し込み後に行うスコアリング審査で、即審査落ちとなるでしょう。

信用情報に傷がある状態は、過去に金融機関や消費者金融に迷惑をかけた人です。延滞や滞納歴があれば、返済の約束を守れなかったということで、信用がありません。

アコムの口コミでは「信用情報に傷があっても審査に通った」という声も見られますが、ごく稀なケースです。

一般的には信用情報に延滞歴などがあると、審査落ちします。

アコムの審査は甘くない!審査通過率を上げるコツ。必要書類など

アコムの審査は甘くはありません。しかし、審査通過率を上げるための効果的なコツがあります。

《審査通過率を上げるためのコツ》

  • 希望借入額を少なめにする
  • 提出書類や申告内容に不備がないよう確認する
  • 在籍確認は早めに対応
  • 勤続年数が1年以上経ってから申し込む

まず初回の借入金額は少なめに希望しましょう。借入額が高いほど、審査が厳しくなる傾向にあるため、5万円〜10万円ほどに抑えると効果的です。契約後、返済実績を作れば増額も可能です。

次に提出書類や申し込み内容は、誤りがないよう確認しましょう。在籍確認も早めに対応すると、審査がスムーズに進みます。

勤続年数が短い場合は、1年経ってからの方がおすすめです。もしあと数ヶ月で2年経つという方は、2年超えた方が審査に通りやすくなるでしょう。

アコムの詳細はこちらから

アコムの審査時間!土日・夜・時間がかかるのはなぜ?

アコムの審査時間は最短20分。

申し込みは365日24時間可能ですが、審査する時間は9時〜21時の間なので、21時以降に申し込みしたら審査は翌日以降に行われます。

また、土日も平日と同様9時〜21時の間の審査です。

審査が長引く理由は、申し込みが殺到しているか、審査結果のボーダーにいるかです。

審査通るか落ちるか微妙な方は目視でかつ慎重に審査を行う必要があるので、審査時間が長くなりやすいです。

アコムの審査は甘い?審査に不安な人は借入前に可否がわかる3秒診断が便利

アコムには、かんたんな質問に答えるだけで借入可能かすぐに分かる「3秒スピード審査」があります。

入力項目はわずか3つ。年齢、年収、他社借入額を入力するだけで、借入できる状況か診断できます。

画像:アコム

上記にあるように、クレジットカードでのショッピングや銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどは総量規制対象外なので、入力する必要がありません。

しかも個人情報の入力がないため、借入を迷っている方にも安心感があります。

必要項目を埋めて「診断開始ボタン」を押すと、結果が表示されます。

上記のようにこのまま、仮審査に進めます。これは「仮」なので、審査だけでもOKです。仮審査も入力項目数が少ないため、5分ほどで完了します。

仮審査に進まないとしても、「3秒スピード審査」は便利なので、審査に不安な方は一度試してみるといいでしょう。

アコムの詳細はこちらから

まとめ

本記事ではアコムの審査について解説しました。アコムの審査は、貸金業法に基づいて行われるごく一般的なものです。甘くはありませんが、安定した収入があり信用情報に傷がなければ、通りやすい審査です。

仮審査に通れば、8割ほど審査が終わっていますから、ほぼ審査に通過するでしょう。もし審査に落ちるとすれば、書類の不備や虚偽の申告、在籍確認が取れないなどが理由です。あらかじめ提出する書類を確認しておくと安心でしょう。

審査に通過するかどうかは、あなたの属性次第となります。申し込んでみないとわからないため、甘い・厳しいと不安に思う前に、「3秒スピード審査」や仮審査でチェックしてみることをおすすめします。

アコムの詳細はこちらから

カードローンカテゴリの最新記事